【施術記録】重度の首痛 足のしびれ

50代 男性 長年の首痛による手のしびれ 杖をついて歩行している

坐骨神経痛でお尻が痛い。整形外科ではすぐ手術した方がいいと言われるほどの

大けがを負っている状態です。

確かに検査の段階で仰向けで足を伸ばすと痛みが強く出る状態で

状態としては非常に重い状態。まずは痛みのせいでかばっている為、大きく姿勢が崩れ

まっすぐ立てない状態。姿勢を正す事と痛みの軽減を目指しました。

1回目の施術で本人から1か月振りにまっすぐ立てたと

同時に痛みも軽減し歩行が楽になったとのことで

施術計画としては痛みが軽減していても、通常の痛みと違い大きい事から

一定の変化が出るまでは連続して施術を行うことにしました

現在3回目の施術の時点ですが

杖が無くても歩行が可能となった 間欠性跛行っぽい症状も無くなっている

痛みも以前と大きく変わり「全然違う」と言う声を頂きました

しかし、まだまだ安心できません。何故なら

入院して管理しての治療と違い施術後の自由度が高い為

自宅での過ごし方 仕事での姿勢がわからないからです。

ようは、見えないところで何をしているかわからない事が

運動器治療の難しいところ。逆に日常生活で不調にならなければOKと言う事なのです

 

船橋宮本整体院ホームページ

船橋宮本整体院エキテン

 

 

 

 

PAGE TOP