花粉症のメカニズム②

前回の続き。原因を一つ一つ潰していく事で

軽減につながるので以下の通りにポイント絞って取り組んでください。

日々のストレス

現代人は常にストレスにさらされ、このストレスがアレルギー症状を悪化

させてると言われています。田舎よりも都市部に多いと言われる花粉症

外的要因以外にも内的要因もあるのです。

睡眠不足

これが最も重要。アメリカの調査で6時間以下の睡眠は寝てないのと一緒と

(集中力 回復力)発表されtました。寝だめできない睡眠。

一定のリズムを身体に作ってあげることは十分可能です。

運動不足

適度な運動は免疫機能 心疾患 ストレス解消など心身に様々な恩恵をもたらすことは

医学的にも証明されています。適度に歩いたり 体操 ストレッチ無理ないように

毎日取り組めなくても、最初は思い出したときに行い、続ける。これが大事。

お風呂に毎日入る

身体を温めることで脳の爽快感

新陳代謝の促進を促し免疫機能を高めます。髪の毛についた花粉は

最初に洗い流すといいでしょう。「冷えは万病のもと」

タバコ吸わない

当たり前かもしれませんが一応書きます

ニコチン タールは血流を阻害し酸素が体内にいきわたりにくい為

花粉症の症状に悪影響を及ぼします。

食事に注意

ファストフード 添加物に注意。

食文化の欧米化により、日本人の体形も変わってきています

食べ過ぎや 高カロリーではない和食(塩分注意)が良いでしょう。

生姜たっぷりの豚肉料理で疲労回復 冷え解消。

 

これらに注意するだけで私は花粉症軽くなりました

タダですよ。無料でできるんですからお勧めです。

それでも完璧ではないですが、根本から免疫療法で楽にする方法もあります

次回はそういったところの紹介をしたいと思います。

PAGE TOP