頸椎 腰椎のヘルニアで苦労した経緯②

前回の続きです

当時は飲食店従業員やトラックドライバーなど

誰もが避ける業界にいました。身体を本当に酷使しておりました。

睡眠時間も4時間とか、休みが2か月無いとか 休日が月に2回とか

当たり前のようにやっていたことで、こんな事が起きました。

トラックドライバーの仕事です。

配送中、荷物を持った状態で転びそうになり尻もちを付いてしまいました。

こんな事何んともないと思います、普通は。

酷使された身体は悲鳴をあげており、こんな軽い尻もちで私の腰椎は

腰椎椎間板ヘルニアになってしまったんです。

この時は労災で整形外科通い。当時も腰をけん引することをしていましたが

こんなもので良くならないと思い。途中で止めてしまいましたが

なかなか痛みが取れないんです。整骨院や整体色々なところに行きましたが

やはり当時の私は若く浅はかだったため何事も続きませんでした。

しかしその後何となく自分で気がついてきたんです、保険が使えるところはダメだと。

当時の整体院はは4,000円位の所が目立ちまして、当時の私の中で基準が出来ていました

それなりの金額を出さないと効果ないと言う基準が。

そこからは色々調べたり車を走らせ直接訪ねたり電話帳を調べて電話したりと

今の様に携帯電話で細かい情報が出ない時代でしたので…

そしてこの整体の技術に出会う日が近づいてきました

次回書きます。

 

 

 

PAGE TOP