お風呂の入り方間違ってません?

この頃毎日寒いですね

こういう時は熱いお湯に浸かって芯まで温めたいものです

ですが、寒い脱衣所で服を脱ぐと、寒さの刺激で血圧が急激に上がります。

この時点で心筋梗塞や脳卒中の引き金になる。

寒い浴室に入って熱い湯に浸かると、今度は血管が拡張して血圧が急激に下がる。

この時に急に激しい眠気に襲われることもありますが眠気ではなく

失神です。へたするとそのまま溺れ溺死します。

全国の消防機関に調査した搬送者数をもとに調査した

ヒート ショックによる死者数は年間1万7000人

交通事故死者数の実に3倍~4倍 近くになるというのです。

そして65歳以上の高齢者が1万4000人もいると言う。

お風呂の事故は1月が最も多く、最も少ない8月の10倍にも上ると言われています。

ちなみに海外では入浴の習慣が違うためか、ヒートショックによる死者は少ない。

やはり風呂好きの日本人に特有のリスクであるといえそうですね。

予防するためには

◎きちんとかけ湯して身体を慣らす事

◎38℃くらいで入り、徐々に温度を上げていく

◎足湯をじっくり行い慣らす

◎温度差を少なくしてあげる

温度の差が危険なので注意しましょう。

 

PAGE TOP