【船橋宮本整体院】 睡眠 自律神経 体内時計を整える

体内時計に関してですが、朝目覚めてお腹が空く 昼12時頃、時計を見なくても

お腹が空いてくる、これらは私たち全員が体内時計を備えていると言う証です。

1日が24時間であるように、私たちの体内時計も24時間でコントロールされています

日が暮れて夜になれば、徐々に体温や心拍数が下がって眠くなります。そして睡眠中には

様々なホルモンが分泌されるようにできています。

ある実験で、外から全く光が入らない地下室で人の体内時計の周期を調べたところ

平均24時間10分という結果が出たのです。

つまり私たちは光を浴びないと体内時計が狂ってしまい、毎日時差ぼけ状態

繰り返してしまうのです。

朝日を浴びることで体内時計を24時にリセットします

朝日を浴びて眠気を誘うホルモン メラトニンの分泌を停止させます

代わりに目覚めの物質 セロトニンが分泌されてきます。これで一日がスタート。

メラトニンが光を感じてから14時間~16時間で体内時計の指令で再び分泌されてきます

夜眠くなるのは、体内時計のリズムなのです。

これが壊れた状態になると不眠や自律神経失調症となるのです。

規則正しいリズムを掴むためにも、毎日光を浴びましょうね。

船橋宮本整体院ホームページ

PAGE TOP