天候で腰痛や古傷が痛むのは低気圧が関係しているのは知ってますか?

天候によっては腰痛や古傷が痛むのは低気圧が関係しているのはしってますか?

梅雨の時期みたいな秋雨前線が続いている影響もあって

調子が悪いという方が多くいます

私もその一人なのですが…

よく天気が悪くなる前に体調で天気を当てる人がいますよね?

調子悪いから明日雨降るかも…と言う人。

低気圧と高気圧 わかりやすく説明すると

飛行機に乗り上がっていく時は低気圧になっていくのですが

古傷が痛んだり頭痛や激しい眠気(落ちる)に襲われたことありませんか?

それは急激に気圧が下がっていく過程で身体が順応しきれていない事

起こる現象なのです。

ペットボトルを機内に持ち込むと膨れていませんか?

炭酸飲料じゃないのに、プシュっと言いますよね

気圧が内部から外に掛かる為、出る音なのです

人間の場合、身体が袋状に包まれています

細胞レベルで。細胞の胞は包むという字のごとくです。

そういう事で身体には影響がでてしまい違和感や痛みなど

調子悪いと言った症状が出てしまうのです。

では、高気圧はどうなのか?

次回書きますね。

船橋宮本整体院へのご質問や問い合わせは 047-779-1198

船橋宮本整体院ホームページ

 

 

 

PAGE TOP