首痛 肩こり 腰痛の原因は背骨が曲がることから始まる

うちの院に来る全員に共通する事。「姿勢が悪い」

猫背が国民病と言われています。

頭の重さが個人差ありますが、大体7キロから10キロです。

背骨(脊柱…脊柱の中には神経や髄液等複雑な構造になっています)は

緩やかなS字カーブを描いており緩衝材的な働きをしています。

デスクワークの人 いつも頭を下にして作業する人

同じ姿勢が続くとこの緩やかなS字カーブが無くなります

しかも、背骨だけで頭の重みを支える為、周辺の筋肉に

大変な負担を掛けるため、筋肉が緊張し肩こりや重い腰痛になってしまいます

背骨はまっすぐだと頭が重いので倒れてしまいます

ばねの様に前後に曲がっているから立って歩けるのです。

これを生理湾曲言います。また背骨と背骨の間にはクッションが入っていますが

これが経年劣化や衝撃などでつぶれてしまう事があります

これを椎間板ヘルニアと言います。

S字カーブが失われることでヘルニアになりやすくなります

つまり、姿勢を正していく事で病気を未然に防ぐことが大切なのです。

 

 

PAGE TOP