皆さんお風呂の温度高過ぎです!最高45度!これは危険

当院に来られている方のお風呂事情を聴いて思ったことが

●温度が高い 43℃から最高45℃

●湯船に浸かる時間が短い

●心臓がバクバクしても湯船につかる

こんな方が目立ちます

我々の平熱体温は36.5℃くらいです

例えば、45℃のお湯に浸かるとどうなるか?

温熱刺激が加わり身体は攻撃を受けていると認識して

緊張し交感神経(戦闘モード)が刺激されて

心機能が向上し身体を冷やそうと血流が(血圧)が上がります。

心臓の弱い人はこの温度差が危ないのです。

過度な活発にならないように注意する事が重要です。

そしてしばらくすると、身体がお湯で温まって心地良い環境になります

次第にリラックス効果が生まれるのです

せっかくお風呂に入ってるのに、疲れてしまう方は

入り方が間違っているのです。

ポイントとしては

●体温より多少高い温度に浸かり、徐々に上げる(心地よい温度)

●苦しくなるような入り方は間違い

これだけ注意すればお風呂に入って疲れることはありません

今一度お風呂の入り方を改革することが更なる健康増進と考えます

船橋宮本整体院 047-779-1198

 

PAGE TOP