猫背の姿勢が多く、それが原因で病気になるケース

船橋宮本整体院 院長 米倉です

今日は姿勢についてお話します。

当院来られるほぼ99%の方は姿勢が悪く

猫背になっています。

見た目が座った猫のようであることから、

猫背という名前が付いたと言われています。

歩行時、椅子に座ってスマートフォンやPC操作時

つい猫背になってしまうという方は、大変多いと思います。

姿勢(男性・猫背)

猫背を続けると以下の通りになりやすいです

  • 腰痛
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 内臓の不調
  • 心配機能の低下
  • メンタル面への影響

猫背の姿勢を続けると、背中が伸び、常にお腹、肺などが圧迫された状態となります。

臓器に大きな負担が→胃痛や消化不良→呼吸が浅くなる

人間、呼吸が出来ないと非常に不安になるのです、当然メンタルの不安は大きく

うつ病や自律神経失調症になりやすい。

もちろん猫背だからといって、必ずうつ病になるわけではありません。

猫背により常に下を向いていると、首に強い負担がかかります。

それにより筋肉のハリが強くなり血流悪化し自律神経が乱れ

睡眠に影響出て、眠れない→睡眠薬→効かなくなる→強い睡眠薬

と、悪循環でその後うつになるのです。

ですので、当院としましては「姿勢ありき」と考えています

姿勢が悪いと病気になる、と考えています。

姿勢矯正は 船橋宮本整体院 → 047-779-1198

 

 

PAGE TOP