高血圧の薬 リスクについてご存知?

2016年のブログを再アップしています

当院には高血圧の薬を飲んでいる方多くいます

全体の患者さんに対し60%の方が何らかの薬を使っています

中でも、高血圧の薬飲んでいる方

高血圧の薬「降圧剤」を飲まなければいけない理由は

わかりきってる事でしょうが…

高血圧の状態を放置しておくと

動脈硬化 心臓発作 脳卒中等

死か半身不随になってしまう病気を

引き起こしてしまうからです。

しかし、薬は対症療法であることから、

飲んでいるだけでは根本的な高血圧の治療にならない。

薬によって一時的に、血圧の状態と正常にしているだけです。

高血圧の薬は一生飲み続けなければならないと言われています

薬の効果が切れてしまうと、根本的に治療をしていないので

高血圧に戻ります。

しかも副作用が…

降圧剤の薬を飲み続けることによって

認知症 白内障 緑内障になるリスクが高くなるといわれています。

じゃあどうすりゃいいんだ!?ってことになりますね!

続けるのが難しいですが軽く運動療法と食事療法を組み合わせてやる。

これを行う事で薬なんて飲まなくとも自然に高血圧を改善することができます。

野菜を食べて脂っこい物 化学調味料 塩分濃度をちょっとだけ気を付ける。

たったそれだけでも身体に優しくできます。

今日はここまで

船橋宮本整体院ホームページ お問い合わせ 047-779-1198

PAGE TOP