【施術記録】ヘルニアは右肩上がりに回復するのか

腰椎椎間板ヘルニアなどは基本的に

本来の骨格から変化(変形)した状態を器質的疾患と言います。

1、外から強いショックも原因のひとつ

2、長年背骨に強い負荷を掛け続けてきた

3、先天性の骨格(遺伝的)など原因は様々。

船橋市 Tさん 50代も2016年の11月に調子を崩してしまい

病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けた。

病院での投薬治療を続けてきましたが2017年3月に再発し

手術も視野にと言う状況の中で、4月に当院へ来られました。

その時はが主人付き添いと杖をついていました。

初めて施術を受けた時、術後の反応で痛みが余計強くなり。

帰り帰れないのではと思うくらいだったのですが、施術が終わって10分くらいで

普通に歩いて帰れました。施術初期の頃は好転反応の繰り返しでしたが

4回目の頃は杖無しでもOK、仕事復帰のめども付いた

無理をしてしまったり、身体をエアコンで冷やしてしまった、忙しくて疲れてしまい

痛みが出たりと決して右肩上がりではなかったのですがあきらめなかった結果

概ね2ヶ月でほぼOKな状態。そして以下のコメントを書いてもらいました。

昨年末、病院でヘルニアと診断。

激しい痛みやしびれに苦しみ杖をついて歩いていました。

今では好きなディズニーランドにも行けるようになりました!

薬に頼りたくない方に、おすすめします。

無理をしても痛くなくなり好きな事できるようになり本当に良かったです。

船橋宮本整体院ホームページ

船橋宮本整体院エキテン

PAGE TOP